アパート

アパート経営の失敗事例を知っておきましょう~安全収益GET術~

相続税対策として考えない

電卓

あくまで事業として考える

アパート経営を始めたものの、上手くいっていない方がいらっしゃいます。一方、アパート経営を初めて数年で、会社を辞めることができるほど成功している方がいらっしゃいます。上手くいっていない方と成功している方との間には、2つの大きな違いがあります。1つ目の違いが、事業としてアパート経営を考えているかどうかです。成功している方は、アパート経営を事業として行っています。それに対し、上手くいっていない方は、事業としてではなく相続税や所得税の節税対策として考えています。アパート経営は会社の経営とまったく同じです。安定した家賃収入を得るために努力しなければならないほか、支出を抑える工夫をしなければなりません。アパート経営で失敗しないためには、経営者になったつもりで行う必要があるのです。

立地が適しているか考える

アパート経営で成功している方と上手くいっていない方との違いの2つ目が、立地です。アパート経営では、何より立地が重要となってきます。どんなに素晴らしい建物を建てたとしても、立地が悪ければ失敗する可能性が高くなってしまいます。特に相続税対策として、土地を既に保有している方は注意が必要です。今保有している土地がアパートの立地として適しているかの判断をすることなく、アパートを建ててしまう方が多くいらっしゃいます。その場合には失敗するリスクが非常に高くなるため、必ず立地を考える他、事例を参考にしましょう。現在保有している土地がアパート立地に適していない場合には、土地を買い換えることを検討しましょう。アパート立地に適した新たな土地を購入することで、アパート経営の失敗リスクを大きく下げることが可能です。リスク回避には事例を知っておく必要があり、事前に把握しておくことで賢くアパート経営を行なっていくことが出来ると考えられます。

経営の際に考える事

お金

アパート経営を行っている方は年間を通じて頑張るのではなく、入居希望者が多く現れる2月3月の時期に力を入れるようにしましょう。また8月と12月は時期の関係で入居希望者が少なくなるので、ゆっくりと待つ経営をしましょう。

詳しくはこちら

資産の運用

駐車場

駐車場として土地を工事して活用することは良いことだと思います。しかしながら駐車場として工事を行いますとアスファルト舗装にしてしまいますので次の活用は限られてきます。この点だけ承知しておかなくてはいけません。

詳しくはこちら

様々な機会を

建築

他人にマンションを貸すことで、安定した収益を得ることもできます。様々なビジネスに関心を持つことは、とても大切なこととなります。ビジネス展開を上手く行うことができますと、より安定した収益を得ることが可能となります。

詳しくはこちら